就活で精神攻撃を与えらた結果、こうなりゃ一人でやってやんよ!という理由でAndroidアプリの開発をしてるぼくの活動記録です。お金に成るクオリティにしたいのです^p^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新アプリ公開。
今回は進撃の同人アプリ。

ココのところゲームのアイデアをいっぺんにアウトプットしたので更新は一旦ストップしていた。
土台となる物を量産してそこから錬磨していけたらいいな〜。
多くリリースしたのでいちいち更新するのもめんどくさい、だから目玉となるものだけ紹介。

今作のリリースに当たっては、前身となるアプリ「スケボー忍者」を土台に作成した。
2dのワイヤーアクションを作っていて、3dの空間を疾走感あふれる形で表現できたら楽しそうだと思ったので
2dを3dへ。
そして3dのワイヤーアクションと言えば立体起動が真っ先に浮かんだので
この同人アプリを作るに至った。



操作は至って簡単。
画面の左右いずれかをタップするとワイヤーを発射して、押した状態で立体起動発動。
カジュアルゲームだね。

画面奥方向にワイヤーを発射するイメージで立体起動を行うとなかなかソレっぽい動きになる。
反撃の刃や疾風の翼は直線的なワイヤー移動であまり立体起動の動きが表現できていないが
今回はなかなかソレっぽいかな・・・

このゲームには巨人はでてこない。
なぜなら立体起動に特化した物を作りたかったからだ。
なので立体起動の動きを特訓するというスタンスのアプリとしてリリース。
振り子の様に放物線を描き跳ね上がる様はなかなか疾走感が出てるのではないかな。
慣れるのに少しコツがいるかもしれないが、だからこそ「訓練兵」なのだ。


話は変わるが、疾風の翼をめちゃめちゃやり込んでいる人のブログ見てわらた。
そんなバグあったのかよ!ってやつまで探してたり、その現象みつけたんか!?ってものまで。
楽しんでくれたのであれば何よりだよ。嬉しいね。
今は知名度もないし技術もないからたいした物は作れないが、
ゆくゆくは自分のブランドのゲームとか出して大ヒットさせたいよね〜。

同人系でももっと色々作りたい。好きな物作りたいね。
ついこの間最終回を迎えた「東京レイブンズ」でおなじみのあざの耕平先生の「Dクラッカーズ」とか
エログロとかなりツボにはまるギャグセンスの浅井ラボ先生作「されど罪人は竜と踊る」
この辺のゲーム作ってみたい。
ってか「Dクラッカーズ」アニメ化しろ。
今期投げっぱなしで終わるアニメ大杉。既に完結した良作なんていくらでもあるのに。そういうのからアニメ化しりょ。

めちゃめちゃ話がずれたが、まぁこれからもぼちぼちやっていくかね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://unitydev.blog.fc2.com/tb.php/79-8c924d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。