FC2ブログ
就活で精神攻撃を与えらた結果、こうなりゃ一人でやってやんよ!という理由でAndroidアプリの開発をしてるぼくの活動記録です。お金に成るクオリティにしたいのです^p^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前作の《反撃の刃》とは違い今作ではOPTIONでゲームのコントローラや難易度など、ゲームアシストを向上させる機能がある。

難易度について三段階あり、一度に出てくる巨人の数やゲームオーバー時のお金の減り具合を調整できる。
《EASY》・・・ 一度に出てくる巨人数:2体 ゲームオーバー時:所持金の1/4減る
《NORMAL》・・・ 一度に出てくる巨人数:3体 ゲームオーバー時:所持金の1/3減る
《HARD》・・・ 一度に出てくる巨人数:4体 ゲームオーバー時:所持金の1/2減る
といった具合。

そして今作、疾風の翼ではタップした位置を目掛けてワイヤーを発射する。
ワイヤーは右左の二つ発射できるのだが、真ん中をタップしたとき
発射したワイヤーが右なのか左なのか判別できない時がある。

そんなときはOPTIONのWireColorをONにしてやるといい。
そうすると左のワイヤーがオレンジ色になり、左右のワイヤーの判別が可能になる。
ちなみにワイヤーの色と回収ボタン(R,L)の色がそろっていたりする・・・

タップでワイヤーを飛ばせるようになったのはいいが、コントローラを大きく動かすと
意図せずワイヤーが発射されることがある。

コレはコントローラ操作時にワイヤーのタップエリアをタップしてしまうからなのだ。
こういった場合も、OPTIONでアシスト機能を使用する。
TapArieをONにするのだ。
こうすることで透明なワイヤー非タップエリアがコントローラ周辺に現れる。
この透明の非タップエリアからはみ出ないような操作を行うことでワイヤーの誤発射はかなり防げる。

慣れないうちはWireColorやTapArieをONにしてゲームを進めると良い

最後にコントローラについて
これもOPTIONでモードを変えることが可能。
モード1・・・普通のコントローラ
モード2・・・透明なコントローラ、画面が見やすくなる・・・?
モード3・・・3:2用コントローラ小さい画面の機種等、一部端末でボタンが収まらない。
そういった場合はコレにする。ボタンやコントローラが画面中央に寄る。ボタンなどが見切れてる場合はこのモードにしてゲームを進めて欲しい。



OPTIONに関してはこんな感じかな。
案外この辺を使用せずにゲームを進めている人がいる印象を受けたので操作方法を記してみた。
一応googlePlayにも書いてるんだけど・・・見てないんだよな~・・・
若者の活字離れが深刻なのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://unitydev.blog.fc2.com/tb.php/41-24929289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。