FC2ブログ
就活で精神攻撃を与えらた結果、こうなりゃ一人でやってやんよ!という理由でAndroidアプリの開発をしてるぼくの活動記録です。お金に成るクオリティにしたいのです^p^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
表題のとおり、
unityでビルドしてxcodeでプロジェクトを起動し、アーカイブしてディストリビューションしたら
エラーが出た、

うんちゃらかんたらアーキテクチャがどうたらarmv6がどうのだとか。

とりあえずビルドセッティングのアーキテクチャのところが

armv7 armv7s

となっておりarmv6が見あたらなかったので追加してやった。
そしてアーカイブ~
今度は
よくわからないエラーが三つほど出た。
うち一つは証明書関係の凡ミスみたいなものだから良いとして
残り二つはググっても有用な情報が見つからなかった。
というより日本語での情報がなかった。

unityでプロジェクトを吐き出したことによるunity独自のエラーなのかもしれないと思い
xcodeでネイティブアプリのプロジェクトを作成してやってアーカイブ~の流れで
やると上記の2つのエラーは検出されなかった。


やはりunityで吐き出したことに原因があるのかと思い、
試行錯誤した結果、原点回帰。
最初のエラーはarmv6うんぬん出てた。
armv6を使用するプロジェクトなのにarmv6がアーキテクチャに含まれないから出たエラーなんじゃないか?
と考え、unityのbuild settingの中身を確認
すると

あった!
レンダリング処理みたいな所でユニバーサル?見たいな表記でarmv6 armv7と設定されていた。
コレをarmv7のみに設定して、念のためレンダリング処理もopenGL ES1のやつにして再度ビルド。

xcodeで起動してアーカイブしてやったら

無事itunes Connectにアップできた!

いや~なかなか冴えてた結果を出せた。

コレ検索に引っかからなかったのはみんなこんなエラー出てなかったのかね?

ん~、そういえばどっかにarmv6関連のエラーが出た時、ソレを回避できる方法を載せてたサイトが合った気がする。
今度作成するアプリでちょっと試してみよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://unitydev.blog.fc2.com/tb.php/28-ff2545bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。