就活で精神攻撃を与えらた結果、こうなりゃ一人でやってやんよ!という理由でAndroidアプリの開発をしてるぼくの活動記録です。お金に成るクオリティにしたいのです^p^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
といってももう解決はしているのだが、一応覚書として残す。

先日iphone版【反撃の刃】をappStoreに申請出した所、何回かstatusのところが赤色になって
上手くいかなかった。

その際に何がダメだったのかメールが来てたのだ。

やっべ・・・メール消してたわい。
記憶にある内容を書き起こすと
ihpone - icon 57×57
ipad - icon 72×72


見たいなのが英語で届いていて
日本語に訳すと
アイコンのサイズが適正じゃないからreviewしてやんないよ!
アイポンならちゃんと縦横57のピクセルで
アイパッドなら72のアイコンを作ってちょうだいよ!


みたいなそんな感じ。

一応unityからiosにプラットフォームチェンジしたら既存のアイコン設定には
勝手にアイコンのサイズをリサイズして吐き出してると思ったんだけどなぁ・・・
どうも違うッぽかった。

だから、macの標準画像ビューワでアイコンのリサイズを行ってXcodeからアーカイブして
ディストリビューションしてやってもitunesConnectでまた同じようなことでメール来る。

よくわからんかったからbuildの設定みたいなので、icon欄には縦横72の画像サイズのアイコンを指定してやったら
今度はコネクト側でのエラー表記が変わって、「screenShotを追加して!」みたいな表示になる。
ん~?なんでさっきまでと違うエラーが出るのかと思い、アプリのdetialを確認すると、
特に登録時のスクリーンショット数が変わったわけではなかった。そのときはipadのスクリーンショットを追加してなかったので、追加すると無事atatusがfor reviewに変わった!

どうもビルド時のアイコンを72のサイズにしてやったことでipadアプリとして認識され
そのスクリーンショットを追加してやることでアプリの審査に進めることが出来たらしい。


iphoneアプリとして出したかったんだが・・・
思わぬ展開。
いやしかし、何故に57のアイコンサイズはダメだったんだ?
72のは前にgimpで作ったやつだけど、ちゃんとした編集ソフトでリサイズしないと認識してくれないのかね?
この辺は要検証だな・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://unitydev.blog.fc2.com/tb.php/26-1f14fcea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。