FC2ブログ
就活で精神攻撃を与えらた結果、こうなりゃ一人でやってやんよ!という理由でAndroidアプリの開発をしてるぼくの活動記録です。お金に成るクオリティにしたいのです^p^
最新作アプリ(クリックでDLページを開きます)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新作の「進撃の鍛冶屋」がさきほどgooglePlayに公開された。
公開するのに6時間以上かかったけど最近はちょっと遅いな。
以前よりかは審査的なものでもしてるのかね?

ともかく無事公開できた


予定では先週半ば辺で公開できるかと思ったがコレが意外に時間喰った。
属性や武器の種類によるところの処理で意外に手間取ったな。
そしてなにより戦闘シーン。
コレには一日半くらいかけて一つ一つのステージを見たからそのせいで大幅に時間を取られたとも言える。
デバッグ要員が欲しいわ・・・
まぁ戦闘バランスはそこそこ良くとれてるかな。


今作では新ジャンルに挑戦。
所謂ストラテジーとかいうジャンルになるのだろうか。

ゲームの内容としては武器を作って戦い勝利していくというもの。
武器を作って責めていく事からタイトルに成る。ぶっちゃけ進撃の○○は汎用性が高く
ロゴもお手軽に作れるのでその変で楽したいってのがあるだけなのだけどね。

大きく分けて二つのシーンで構成されてる。
戦闘シーン武器作成シーンである。
まず武器を作る必要がある。
武器作成シーンでは武器をタップして形を整えて強いものを作るといった感じ。

戦闘シーンでは作った武器を装備して戦う。
プレイヤーはリーダーを操作して戦い、画面下部に表示されているゲージがいっぱいになる事で
それに対応したCPUを出現させる事ができる。
それで敵の基地を責めていくと言う具合だ。
タワーディフェンス的な感じのゲームだね。


今回新しく取り組んだ事はゲージ関係が多い。
敵、時キャラのライフ、ユニットゲージ、武器生成の時間
これらの表示をテキストでなくゲージにする事でより直感的なものになった。。。のかもしれない。
とにかくゲームっぽさはでてきたよね〜

あとアイテム管理にはロットの概念が大きく参考になった。
使ってみて感じたがロットってこういう風にするとものすごく便利なんだな〜ってのが実感できた。
新しい発見だ。

次はネタゲーでも作るかな。
スポンサーサイト
ふと直近でだしたアプリの近況を見ていたら同じテーマを扱ったアプリがあったので見てた。
自分の好きな物だったから気になってみてみたのだけど・・・

絶対好きじゃないだろ!っていうような感じが透けて見えるとなんか悲しいね。
タイトル画面で使われている絵とゲーム内で使われている絵のクオリチーが違うのも
やっぱネットから拾ってきたものなんだろうし
ゲーム内のキャラなんか公式の資料集で使っているのにつけたしただけじゃないか・・・そりゃちょっとトレースしたりしてるんだろうけど・・・
なによりぜんぜん関係ないランゲームってのがね。
自分の好きな物がよくわからんデフォルメされたキャラやネコ化されたキャラになって
走るだけでその原作の世界観がなんら反映されてないのを見ると正直いい気分はしないよぉ。。。

今回の奴はもしかしたら好きなりに表現した結果なのかもしれない・・・!
と思って説明を最後の方まで呼んだら

あ、これ完璧に流行便乗のにわかですわ・・・

って結論。
他のアプリもそうだし、
注釈的なものと言えど好きなら自分の言葉で言おうさね。
まんまこっちの作品の備考欄コピペしてんじゃん!!!
【備考】
・○○
みたいな書き方自分以外で見た事ないし!!
まぁそんな書き方ありきたりなのかもしれないけどソレを譲ったとしても
広告の最適化うんぬんのくだりとかまんま一緒やし!!うっほほおおおww
しかもそれをテンプレとして他のアプリにまで使っているしぃいいww
うわぁあああやだぁぁあああん
作品に愛があったら他人のところからコピペとかできないでしょおおお

っていう愚痴。

アプリ自体がパクリなら違反報告とかの対応もしてくれるのだろうけど、
説明に関しては似通っただけで受け付けてくれないのかねぇ・・・
それか違反報告として通報が一定数あれば受け付けてくれるのだろうか?

ふう、そろそろオリ系の新作出すから次作のネタ探しの一環で参考になりそうなアプリ探している先にこれか。
文言とはいえパクられるというのは気持ちのいいものではないなぁ・・・
どじゃ〜ん

東京喰種の同人アプリ二作目リリースー

今作はジューゾーをモチーフにしたキャラを操作して喰種を狩り尽くすゲーム
基本的な操作は前作と同様。

今回の試みとしては
・一つの大きなフィールドを区切り区切りでステージとする。
・武器の強化
・赫子タイプの相性
・敵のスーパーアーマー仕様
大きく分けるとこの4つかな。

ゲームの肝は武器の強化。
倒した喰種の赫子で武器の強化を行う。
同じ赫子で強化し続けると武器の属性が多く使用している赫子寄りになり、より多くの赫子を要する。
但しその属性に強い赫子を使う事で中和して強化しやすくできる。
一つの赫子で強化し続けると中和に必要な赫子も多くなる。

そして赫子の特性による武器のステータス上昇。
羽赫・・・武器の重みを減らし、スピード、ジャンプ力が上がる。
     飛び道具のスキルを持つがコレで倒してしまうと赫子は入手できない。スーパーアーマー無視。

甲赫・・・武器の強度を上げ受けるダメージを減らす。但し重くなりスピード・ジャンプ力が下がる。
     カウンターのスキルと衝撃のスキルを持つ。カウンターは前作同様の仕様。
     衝撃のスキルでフィールド上の岩を壊せる。スーパーアーマーを無視。

鱗赫・・・攻撃力が上がるが防御が下がる。
     第一スキル終了直後にGボタンで派生スキルに繋げる事が可能。

尾赫・・・攻撃・防御バランスよく上がるが、決め手であるスキルがない。

属性により敵に与えるダメージ量が変わる。
上記の赫子順から見て、上にある赫子に対して大ダメージを与える(羽赫は尾赫に対して大ダメージ)

強キャラ、ボスキャラは攻撃を受けてものけぞらない。
いわゆるスーパーアーマーである。
但し苦手属性の攻撃や一部スキル技に対してだけのけぞる。

ざっとこんな感じかな。

あと今作ではフィールドに落ちてるハートのオブジェクトに触れる事で
次戦闘でライフの上限が上がる。
1つのステージに一つあるようになっている。

少しずつゲームっぽさが増してきているかな。
そのうちエフェクトにも力入れたいな〜。

余談だけど今作は公開してからplayに反映されるまでの期間が長かった。
8月からplayの仕様が変わるせいからなのかもしれない。
例の広告周りのやつだ。プレイサービスを使わないといけなくなったので容量も嵩張るし迷惑な話だ。
結局16時間ぐらいかかったかな。
来月からまた掲載項目も増えるみたいだし、面倒な事この上ないな・・・
どうも進撃の絶望がレビューサイトに掲載された模様。
無料ゲームを探せるアプリ★ゲットと言うところが掲載してくれた。
ありがたやありがたや。

レビュー記事はこちら
これでDL数にどう影響が起こるのやら。。。

このゲームはシンプルで操作方法も特別難しいとはおもわないけど
そんな単純なゲームでも案外楽しんでいただけるようだ。
あと、海外のレビューもみたけどどうも「ワンダと巨人」っていうのを彷彿させるっぽいね。
名前ぐらいは聞いた事有るけどどういうゲームかわからないんだ。でもすでに似たようなのがあったか。
進撃を意識したつもりなんだけど捉え方は人それぞれだね。
東京喰種風アクションゲームのアプデを行った。
今回のアプデではステージ・技の追加をした。

技に関しては赫子のライフを消費して技を繰り出すと言う仕様。
技はpowerのレベルが一定以上になると発動できる。

発動の仕方は以下の通り。
技レベル1:赫子時の三段攻撃目で赫子をバーンって開く前にGボタンを押すと発動。powerレベル3以上
技レベル2:赫子時の三段攻撃目で赫子をバーンって開く前にAボタンを押すと発動。powerレベル6以上
技レベル3:技1を出し終えた直後にGボタンを押す事で発動。powerレベル10以上
技レベル4:技2か技3を出し終えた直後にAボタンを押す事で発動。powerレベル15以上

だいたいそんな感じ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。